神経性(心因性)頻尿の原因

神経性(心因性)頻尿が起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
・ストレス、緊張
ストレスや緊張状態が続くと、何度も尿意を催します。
これは神経が高ぶることで起こるのですが、これは多くの場合は一過性のものです。
たとえば「緊張する発表会が終わった」ということになれば、多くの場合は頻尿症状はおさまります。
ただ、「発表会でおしっこを極限まで我慢したのが非常に辛かった」という記憶がきっかけで、
その後も早めにトイレに行く結果、頻尿が続いてしまうこともあります。
・うつ、不安障害
うつや不安障害の場合、「トイレに行きたくかもしれない」という不安から、
何度もトイレに行くようになってしまうという方もいます。
「トイレを我慢しなければいけない」という不安が反対に尿意を促すという状況であり、
これも「心理的な要素」が大きく関係すると言えます。
・自律神経失調症
我々の体内の様々な器官は、自律神経によって維持されています。
しかし、自律神経失調症になって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと、
尿意が正常な形で伝達されずに、頻尿になってしまう場合があります。

ノコギリヤシサプリメントの効果を知りたいならコチラ

神経性(心因性)頻尿の原因