脱毛と相性の悪い薬

脱毛と相性の悪い薬にはどのようなものがあるのでしょうか?
過敏症を引き起こす恐れのある薬には、抗生物質や抗うつ・不安剤、抗真菌薬といったものがあります。
これらの薬は、脱毛時に使用される紫外線に反応を起こす可能性があります。
また、脱毛効果を弱めてしまう薬にホルモン剤があります。
生理不順といった婦人病改善のため服用している人が多い薬ですので、脱毛を考えている人は注意しましょう。
これらのことから、体調不良時や薬の服用時の脱毛を受けるのは避けるようにするべきです。
しかし、薬を服用していたら絶対に施術を受けられないというわけではありません。
薬の種類によっては何の問題もない薬もありますので、日頃、薬を服用している場合は必ず事前カウンセリングの時にスタッフに相談しましょう。
そして、予約当日に体調不要になってしまった場合はキャンセル料を払いたくないという理由で無理して施術を受けるのはお勧めできません。
ゆっくり休養して体調を整えてから施術を受けるのが身体への負担も軽減しますので、決して無理をしないようにしましょう。
ケノンを楽天で買うならこちらの方がお得です

脱毛と相性の悪い薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です